高齢出産しまして、この春仕事復帰した介護福祉士で発明家の私が感じたこと

なる☆る♡2回戦目の育児 

未分類

出来ることがたくさん増えています。

投稿日:

なるちゃんは、2歳4か月を迎えました。

やく、10か月更新が途絶えてしまいました。

とにかく、何でも興味を示して触ったり動かしてみたりとやりたがるようになりました。

いたずらを通り超えて、小さなケガも絶えずにあります。

ひと時も目を離すことが出来ない毎日です。

一つづつ危ないことやしてはいけないことをしっかり教えているところです。

最近のヒヤリハットな出来事

使った後のガスレンジに触れてしまう。すぐに気が付き流水で冷やし処置。ほんのちょっぴり水ぶくれができた程度でした。

私の外出時、旦那さんと二人で過ごしていたのですが、夜になり右手のひらに5mm程度の水ぶくれを発見。おそらく、室外で使っていた蚊取り線香を触ったと思われます。

翌日、皮膚科へ受診に行き、リンデロンの処方を受けました。二週間程度で綺麗に回復しました。

なるちゃんの大好きな従兄弟のお兄ちゃんが来てくれた時のこと。一人で玄関のドアを開けて庭へ飛び出してしまったそうです。

それからは旦那さんが庭で作業するときには、鍵をかけてもらうようにしました。これも、すぐに開錠出来るようになってしまうのでしょうけれど。。。

保育園の玄関から門まで、猛ダッシュ。靴を履くのに手こずっていた私はなるちゃんに追いつくことが遅くなってしまい、そのまま一人で笑いながら駐車場へ飛び出してしまう。

ほんと、これはゾッとしました。その後で叱りすぎだと思うほど叱りました。

怖いことなんだよ、危ないことなんだよ。何度も教えています。

小さなことや何気ないことでも、小さな子供には大きな事故やケガにつながってしまいますよすよね。

保育士さんたちの目線では。。。

なるちゃんは、クラスで一番生まれが遅く、言葉もろくに喋れていません。

しかし、様子を聴いてみると何とかかんとかついていけているそうです。

先日、少し早くお迎えに行けたので保育園で私がなるちゃんのパンツの交換をしたのですが、寝っ転がって足を開いて投げ出すなるちゃんを見て保育士さんたちは、

「えー!なるちゃんできるじゃん!お母さんに自分で出来るところ見せてあげてよ。」と言っていました。

全くほとんど自分のことをしようとしないのも、甘えているからなのでしょうが、少しづつ出来るようになってもらいたいです。

私自身、前の子育てを忘れてしまっていることや、時代が変わっていること。

何よりも、環境が違っていることで躾は変わっています。

小さくてまだわからないだろうと親が思っていても、子供はそうではなかったりすることも多いと思います。

なるちゃんが大きくなって一人でも外へ出かけられるようになるまで、必死で教えていきたいと思います。

寝っ転がって足を開いて投げ出す姿を見て保育士さんたちは

手を繋がずに外を歩くなんて怖くて、出来なくなります。

子供だけ

-未分類

Copyright© なる☆る♡2回戦目の育児  , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.