高齢出産しまして、この春仕事復帰した介護福祉士で発明家の私が感じたこと

なる☆る♡2回戦目の育児 

なるちゃん成長記録 育児

お父さんが大好きな息子☆複雑な母ちゃんの心情

投稿日:

なるちゃんは、生後一歳半を迎えました。

相変わらず体は弱くて、すぐにお熱を出したり、下痢をしたりとトラブルは続いていますが、何とかやっと今しなくてはいけない最後の予防接種までたどり着く本日。

お父さん大好きな、なるちゃんの最近の成長を報告しつつ、私の心情も書きたいと思います。

なるちゃんは、喘息があって先月入院生活を送っていました。
退院してからの一カ月半の間にまた、風邪をひき家族全員にも移ってしまいました。

仕事にまたもや行けなくなるピンチをどうにか乗り越えているけれど、モヤモヤしています。

なるちゃんは、お父さんが大好き

高齢出産だった私たち夫婦は、なかなか子供に恵まれませんでした。

流産を経験してからは二人とも子供を欲しい気持ちは消極的でした。

しかし、やっと授かったなるちゃんをいざ、迎えてみると旦那さんは本当に喜び、可愛がって大切に育ててくれています。

日常は私のワンオペ育児ですが、お休みの時はなるちゃんとお父さんはベッタリです。

なるちゃんは、まだ言葉らしいものは出てきていませんが、最近の意思表示はしっかりしてきました。

つい、昨日のことです。
旦那さんがお休みだったので保育園まで2人で送っていくと、朝の検温で37.8℃のお熱のなるちゃん。
そのまま、3人で帰宅し、私は仕事だったので旦那さんになるちゃんを預けたのです。

なるちゃんには、熱性けいれんや喘息の発作が起きるかもしれない心配があります。

心配はありましたが、旦那さんになるちゃんを看ててもらい、私は仕事に出かけました。

仕事から帰ってきた かあちゃん を熱い抱擁で出迎えてはくれなかったのです。

さぞかし私の帰りを心待ちにして待っていてくれると思い、急いで帰宅したのですが、なるちゃんは私の期待とはまったく違う様子を見せました。

洗面所で手を洗い、なるちゃんの熱い抱擁を受け止めようと「なるちゃ~ん♡」と手を広げ待ち構えていたその時、悲しいことに、なるちゃんは私をすり抜けてキッチンにいた旦那さんへと貼り付いたのでした。

いつも私はひとりでなるちゃんのお世話をして寝かしつけた後に旦那さんの帰宅です。
ほぼワンオペ育児状態だった私の気持ちは、虚しさでいっぱいになりました。

ワンオペ育児の落とし穴

今は私のワンオペ育児は、旦那さんの絶対的な協力の上にあると思っています。

ですが、ちょうど一年前くらいの時は、私だけが一人で育児をこなして頼れる人もほとんどいなくて辛く寂しい孤独を抱えていると思い込んでいました。
周囲に心を開いて関われる人が旦那さんしかいない。
友達も親類も私にはいない。
すべてを悲観的にとらえてしまっていました。

それに、大切な本家の跡取りに何か間違えがあってはいけないなんてプレッシャーを自分で作っていました。

それが、仕事をするようになってから職場で育児中の同僚や育児の先輩たちに(私も一回戦目の育児をしてきているのにですが、)少し不安になることや成長具合などをお話するようになっていました。

すると、「私だけが抱えていることじゃないんだ。」とゆるゆる心が緩んで、前ほど辛いと感じなくなっている自分に気が付いています。

どうか、ワンオペ育児に疲れてしまっているママさんたちが、ここを覗いてくださるなら育児の仲間とお話しするチャンスを作ってみてください。
リアルなお付き合いが辛いならSNSでも十分に疲れた心が癒されると思います。

私の場合は、Twitterの育児アカウントのつぶやきを見させていただき励まされています。

使い方こそ最初は手探りでしたが、♯2018_feb_boy とお誕生日と性別を自己PRに入れてみると簡単にお子さんと同じくらいの子供のママさんやパパさんと出会えますよ。

今では暇つぶしにツイッタランドへ行くのが楽しみになっています。

最後までお読みいただきありがとうございます。


にほんブログ村

ポチっとお願いします。

-なるちゃん成長記録, 育児
-

Copyright© なる☆る♡2回戦目の育児  , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.